ブログ

2019-09-04
ドレスコーディネーターの日常 打ち合わせの流れについて①

イタリアのシルクミカドサテン。

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

今日はコーディネーターの日常の第二弾、

打ち合わせの流れについて、初めてのご来店の打ち合わせ内容を記してみたいと思います。

 

 

 

 

まず、お二人の結婚が決まり、結婚式場を探しに行かれ

幾多ある結婚式場の中から大切な想いで、結婚式場をご決定。

そののちに、一番はやく打ち合わせがスタートするものが、この衣裳選びです。

 

花嫁さんの必要な打ち合わせは3回、多くて4~5回程のお打ち合わせ。

花婿さんの必要な打ち合わせは1回、多くて2~3回。

親御様の衣装合わせは1回、多くて2~3回。

 

多く感じられる方もいれば、それだけでいいんだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

早い方で約一年以上前から、

平均してご結婚式の約6か月前から衣裳選びがはじまっていくのです。

 

驚きですよね。そんなに早く見に行く必要があるのか。

それには、ちゃんと理由があります。

 

ご結婚式場とおなじように、衣裳もレンタルになると

ご結婚式日にお召頂けるようにドレスのお取り置きをしないといけないからです。

 

ご結婚式場をいちばん最初にご決定し、日取りをおさえられることと同じように、

ドレスも早いもの勝ちで人気なものからご予約が入っていきます。

 

初回にご試着をした際に空き状況が空いていても、

次にお越しになった際にはすでに先約済み・・・なんてことも。

 

また、ご自身のお好みでドレスをお作りするオーダードレスについても、

デザインや生地選び、また縫製等の期間が必要です。

弊社がご紹介するデザイナーとしっかり打ち合わせをして頂きます。

 

 

といったように、初回はご結婚式場様がお決まりになられましたら、

ドレスご見学のご予約は、お早目がお薦めです。

 

 

 

そして大事な初回のお打ち合わせとはいったいどんなことをするのか・・・

それはまず、花嫁さんにとって世界一の花嫁さんになるための運命の一着を選んで頂きます。

 

そのために最初は、お話しをお聞きいたします。

 

「こんなドレスが着たい!」

「こんなドレスが着たいけど似合うかどうか分からない・・・」

「そもそもどんなドレスが着たいかイメージが湧かない・・・」

などなど、花嫁さんのご希望やイメージをしっかりお聞きし、ドレスのフロアへご案内。

 

約100着のこだわりのドレスたちが、花嫁さんをお迎えいたします。

 

そして私たちドレスコーディネーターが

花嫁さんお一人お一人に合わせた、運命の一着をご提案させていただきます。

 

その中から花嫁さんがお気に召されたドレスをピックアップし、

ご結婚式日の空き状況を確認してから、ご試着へ。

 

この「空き状況の確認」についても要注意です。

ドレスに関しては、ご使用になるご結婚式日だけのお取り置き・・・ではなく、

その前の約2週間前からドレスのメンテナンスやサイズのお直しをさせていただき、

またご結婚式後にすぐ、メンテナンスをさせていただくため、

当店では約3週間弱、お一人の花嫁さんのためキープいたします。

ご試着いただくドレスは、念のため当日の空き状況が空いているものだけをご試着いただきます。

 

数点ご試着いただき、比較してお選びいただけます。

ご試着の際は、実際の花嫁姿をイメージしていただけるよう、

ヘッドアップさせていただき、実際のアクセサリーをお見立てでお付けいたします。

ご希望のイメージがあれば、お気軽にコーディネーターへおっしゃってください。

 

 

「1回目で決められるわけがない・・・」

「全部着てみないと分からない・・・」などなど、いろんなご不安があるかもしれませんが、

当店では意外と・・・この初回か、もしくは2回目の打ち合わせで運命のドレスが決まる方が多いです。

 

花嫁さんお一人お一人に合わせたご提案をさせていただくよう、

日々研修やロールプレイングをしている私たちコーディネーターがしっかりご提案をさせていただきますので、ご安心くださいませ。

 

 

この初回のお打ち合わせで「このドレス!」と決まれば、

次のステップ“ドレスリハーサル”です。

 

また次回、ブログにアップします!

 

 

シリーズ ドレスコーディネーターの日常

シリーズ_ブライダル事情

 

MAKI