ブログ

2018-09-22
Buyer’s Diary_Silhouette

こんにちは。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今日は、ドレスの・・・・ではなく、ドレスのシルエットと作る【パニエ】のお話をさせて頂こうかと思います。

 

そもそも、パニエは、国内であれば各メーカーさんが自社のドレスに使用するためにパニエの開発もしています。

いわゆる・・・・『プリンセスライン用パニエ』だったり,『Aラインパニエ』だったり。

 

もちろん、私たちのサロンにも国内のメーカーさんから仕入れさせていただいている、既製品のパニエも数種類あります。全部で、約10種類あります。そのパニエを、ドレスのシルエット、お客様の身長に合わせながら可能な限り調整して、マッチングさせて実際に花嫁さんにご着用していただいてます。

 

ですが、やはり、オリジナルブランドには、私たちが思う『それぞれのブランドにあうシルエットを作るパニエ』が必要と考え、『Premium Collection』『Raffine』『Flower』それぞれに専用のパニエをつくっています。

 

その、専用パニエを使用しながら、ドレスの形ろつくる打ち合わせをしていくのです。

 

 

このパニエは、『Premium Collection』専用の特大パニエです。このパニエは、もちろん専用のパニエですので、一番最初に『Premium Collection』をスタートするときに、専用パニエとして、開発しました。

 

もちろん、私たちのサロンの中で、一番大きいパニエです。

 

このパニエを入れるからこそ、完璧なシルエットが保てるんです。

特に、私たちがこのパニエにこだわったところは、横顔です(笑)

『Premium Collection』はどれもトレーンが長く、素材もたっぷりと使用しています。だからこそ、そのトレーン部分の重さで、トレーンが伸びやかに広がらず、腰からすぐに床に向かってスカートが落ちてしまい、トレーン部分が長く床につき、トレーンに影ができてしまいます。それを可能な限り軽減できるよう、バックセンターから、裾にかけてたっぷりとチュールを這わせ、パニエにボリュームを付けました。

 

 

こんな感じ・・・

 

実際に、どれも完成したドレスを着せてみると・・・

 

トレーンが腰からしっかり遠くまで床につかず伸びているのがわかると思います!!!

 

このバックスタイルは、もちろんバージンロードを歩く花嫁様の後ろ姿を圧倒的に美しく見せてくれます。

 

この、大きなパニエをすっぽりとみこむ『Premium Collection』は、最高級の素材を惜しみなく使用しているドレスなのです。

 

 

写真に載せているウェディングはまさにそのひとつ。

 

7TH ANNIVERSARYでデビューいたします。

お楽しみに・・・!!

 

 

to be continue  真琴。