ブログ

2016-07-03
引振袖って何?

引振袖についてご存知ですか?

振袖と何が違うの?って、ほとんどの方が思われることでしょう。

引振袖とは、おひきづり、本振袖、大振袖とも言われます。

未婚女性の第一礼装で、婚礼の席で花嫁が着る礼装です。

おはしょりをしないのが、見た目での大きな特徴のため、長くなる分、裾を引きずるように着ます。

また、振袖との違いは、着物の種類の違いです。

引振袖は大振袖で、成人式などで着る振袖は中振袖、となります。

中振袖、大振袖ともに、未婚女性の第一礼装になりますが、格が違います。

大振袖の方が格上になります。

他に、引振袖は裏地が見えるように派手な色合いが多い、ことも違いの1つです。

最近は、様々な色合いのある引振袖の中でも、黒引振袖が大変人気です。

その理由は、結婚式後も使うことができるためです。

本来、引振袖は未婚女性の第一礼装であるため、結婚後に既婚女性となると引振袖は着ることができなくなります。

そこで、結婚式で着た黒引振袖を仕立て直し、黒留袖として再び着る事ができるため、永く愛用することができます。

そのため、黒引振袖を選ぶ方が増えてきています。

お色直しに、引振袖をご検討されてはいかがでしょうか?