ブログ

2016-06-09
両親は留袖、モーニングを着たほうがいいの?

結婚式において、新郎新婦の両親は新郎新婦とともにお客様をお迎えする立場です。
その為、その立場に相応しい衣装を着て、結婚式にいらっしゃった方々のおもてなしをするのが礼儀ですが、必ずしも留袖やモーニングを着なければいけないということはありません。

留袖、モーニングなどの礼装がマナーですが最近では着ない人も増えているので無理をして着る必要はありませんが、新郎新婦の両親として、恥ずかしくない格好で、結婚式に出ることが大切です。

留袖やモーニングを着ないとしても、新郎、新婦の親族両者が同じ服装をすることが大切ですので、お互いの両親同士で話し合うなり、新郎新婦を交えて衣装を決めるなりの工夫は必要です。

息子と娘の晴れ舞台ですから、自分達のせいで子供達に恥ずかしい思いをさせない為にも、しっかりとした衣装で結婚式に出ることが好ましいです。

留袖やモーニングを持っていなくても、結婚式場などでレンタルをすることもできますし、なかなか着る機会というものもないものですので子供達の為にも、留袖やモーニング着て、結婚式に出てはどうでしょうか。